Google Apps Script と LINEを使ったオウム返しBotの作成方法

LLM

オウム返しBotは、入力されたメッセージをそのまま返すシンプルなBotです。この記事では、Google Apps Script (GAS) と LINEを使用して、10分程度でオウム返しBotを作成する方法をご紹介します。LINE botの基本設定は、こちらのリンク にて詳しく説明しています。

LINE botとGoogle Colabとngrokを用いて、簡単かつ完全無料でオウム返しBotを作成する方法
はじめにLinebotとGoogle Colabを使ってシンプルなオウム返しBotを作る方法について学ぶことは、Large Language Models(LLM)を使用したチャットボットを作成するために重要です。この記事では、無料で、どの...

はじめに

オウム返しBotを作成する前に、LINEでチャネルアクセストークンを生成し、GASのスクリプトプロパティに設定する必要があります。これにより、BotとLINEプラットフォーム間の認証が可能になります。

LINEでチャネルを設定する

LINE Developersコンソールにアクセスし、新しいプロバイダとチャネルを作成します。

LINE Developers
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEプラットフォームのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

file

ここでチャネルアクセストークンを生成し、後で使用するためにメモしておきましょう。

file

Google Apps Scriptを設定する

Googleドライブに新しいスクリプトファイルを作成し、必要なコードを記述します。LINEからのリクエストを処理し、返信するための基本的な機能を実装します。

file


 // LINE developersのメッセージ送受信設定に記載のアクセストークン
const LINE_TOKEN = PropertiesService.getScriptProperties().getProperty("LINE_TOKEN"); // Messaging API設定の一番下で発行できるLINE Botのアクセストークン
const LINE_URL = 'https://api.line.me/v2/bot/message/reply';

//ユーザーがメッセージを送信した時に下記を実行する
function doPost(e) {

  const json = JSON.parse(e.postData.contents);

  //replyToken…イベントへの応答に使用するトークン(Messaging APIリファレンス)
  // https://developers.line.biz/ja/reference/messaging-api/#message-event
  const reply_token = json.events[0].replyToken;
  const messageId = json.events[0].message.id;
  const messageType = json.events[0].message.type;
  const messageText = json.events[0].message.text;

  // 検証で200を返すための取り組み
  if (typeof reply_token === 'underfined') {
    return;
  }
  const option = {
    'headers': {
      'Content-Type': 'application/json; charset=UTF-8',
      'Authorization': 'Bearer ' + LINE_TOKEN,
    },
    'method': 'post',
    'payload': JSON.stringify({
      'replyToken': reply_token,
      'messages': [{
        'type': 'text',
        'text': messageText,
      }],
    }),
  }

  UrlFetchApp.fetch(LINE_URL,option);

  return;
}

スクリプトプロパティにトークンを設定する

GASのスクリプトエディタから、[ファイル] > [プロジェクトのプロパティ] > [スクリプトプロパティ]にアクセスし、ステップ1で生成したチャネルアクセストークンを設定します。

file

Webアプリとしてデプロイ

スクリプトをWebアプリケーションとしてデプロイします。

file

この辺りはこちらのサイトで詳しく解説してます。

GPTs Actions APIでGoogle Apps Script(GAS)を使う: 料理番号から料理名を返すアプリ
はじめにGoogle Apps Script(GAS)を使用し、GPTsのCustom Actions APIを活用して、ユーザーが入力した料理の番号に基づいて対応する料理名を返すシステムを作成します。こちらの記事もおすすめGoogle A...

LINE DevelopersコンソールにそのURLをWebhook URLとして設定します。

file

Botのテスト

全ての設定が完了したら、LINEアプリからBotにメッセージを送信して、正しくオウム返しが行われるかをテストします。

まとめ

以上が、Google Apps Script と LINEを使ったオウム返しBotの作成方法です。このシンプルなプロセスを通じて、LINE Botの基本的な構築方法を学ぶことができます。この知識を基に、さらに高度なBotを開発することも可能です。興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

参考サイト

いまさらGASでLineBotを作る【オウム返し】 | SIOS Tech. Lab
今回は、今更ですがMessaging APIを使用したLINE BOTをGAS(Google Apps Script )で作成していくシリーズを始めていこうと思います。第一弾としては、定番のオウム返しを実装しています。また、LINEを扱う上での制限事項とGASでの制限事項についても触れています。
【GAS】覚えておきたい制限・上限まとめ
Google Apps Script(GAS)は業務効率化に役立つ無料ツールとして有用ですが、無制限に使えるわけではなく利用にあたって様々な制限事項があります。これらの制限に引っか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました