GPTs Actions Schemaの簡単構築術

未分類

はじめに

GPTs Actionsの構築は、今日のデジタル世界における重要なスキルの一つです。特に、GPTsに特化した「ActionsGPT」は、この分野での作業を劇的に簡素化します。この記事では、GPTs Actionsを構築するための簡単な方法と、ActionsGPTの利用方法を詳しく解説します。


この辺りのGPTsもこちらのワークフローで作成してます

GPTs Actionsを使ってLINE Bot(Messaging API)と連携する方法
はじめに近年、GPTsのようなAI技術とメッセージングアプリケーションの統合が話題となっています。特に、LINEメッセージングAPIとの連携は、日本でのコミュニケーションやビジネスに革新をもたらす可能性を秘めています。この記事では、GPTを...
GPTs Actions APIでGoogle Apps Script(GAS)を使う: 料理番号から料理名を返すアプリ
はじめにGoogle Apps Script(GAS)を使用し、GPTsのCustom Actions APIを活用して、ユーザーが入力した料理の番号に基づいて対応する料理名を返すシステムを作成します。こちらの記事もおすすめGoogle A...

GPTs Actions Schemaの構築方法

GPTs Actions Schemaを構築する際、まず理解するべきは、ActionsGPTがどのようにしてこのプロセスを容易にするかという点です。このツールは、GPTs Actionsの内容を深く学習しており、ユーザーが参考サイトのSchemaを提供するだけで、高精度なSchemaを生成できます。

SchemaからGASへの変換

GPTs Actionsを利用する際の一つの利点は、SchemaからGoogle Apps Script(GAS)を作成できることです。これにより、ユーザーは独自のスクリプトを書くことなく、効率的にGPTs Actionsを実装できます。

GASからSchemaの生成

逆に、既存のGASを持っている場合、ActionsGPTはこれを分析し、適切なSchemaを生成することが可能です。これにより、GPTs Actionsの構築プロセスがさらにスムーズになります。

たたき台の作成

Person:

function myFunction() {
  let response = UrlFetchApp.fetch("https://arxiv.org/list/cs/new");
  let content = response.getContentText("utf-8");

  var items = Parser.data(content).from('<dt>').to('</dd>').iterate();

  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();

  // シートの内容をクリア
  sheet.clear();

  // 列名を設定
  sheet.getRange(1, 1).setValue("Title");
  sheet.getRange(1, 2).setValue("Abstract");
  sheet.getRange(1, 3).setValue("Authors");
  sheet.getRange(1, 4).setValue("Paper URL");
  sheet.getRange(1, 5).setValue("GitHub URL");
  sheet.getRange(1, 6).setValue("Full Text");

  items.forEach(function(item, index) {
    // タイトルの抽出
    // ...

    // Googleシートに書き込む
    // 2行目からデータを書き込む(1行目は列名)
    sheet.getRange(index + 2, 1).setValue(title);
    sheet.getRange(index + 2, 2).setValue(abstract);
    sheet.getRange(index + 2, 3).setValue(authors);
    sheet.getRange(index + 2, 4).setValue(paperUrl);
    sheet.getRange(index + 2, 5).setValue(githubUrl);
    sheet.getRange(index + 2, 6).setValue(item); // 全文データ
  });
}

上記の処理を踏まえて、下記のIDを入れると検索するコードから、任意の数字を受け取ったら、上からその数字の論文の数の内容を返すようにして

function doGet(e) {
  // リクエストからパラメータを取得
  console.log("start GPTs Custom Actions API test");
  console.log("e: " + JSON.stringify(e));
  var searchQuery = e.parameter.id;
  console.log("e.parameter.id: " + e.parameter.id);

  // 4桁の数字かどうかをチェック
  if (!searchQuery || !/^\d{4}$/.test(searchQuery)) {
    console.log("bad format: " + searchQuery);
    return ContentService.createTextOutput(
      JSON.stringify({ "error": "Invalid request. Please provide a 4-digit number." })
    ).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
  }

  // スプレッドシートの準備
  var sheet = SpreadsheetApp.openById('17WqvBLUb1VTgIjFl4LG6kYzepQAeqk1y2hVVoKglnOc').getSheetByName('シート1');
  var data = sheet.getDataRange().getValues();
  console.log("format OK");

  // スプレッドシートを検索
  for (var i = 1; i < data.length; i++) {  // 2行目から開始
    if (data[i][0].toString() === searchQuery) {
      console.log("hit: " + i);
      console.log("Food Name: " + data[i][1]);
      // 見つかった場合、JSONとして返す
      return ContentService.createTextOutput(
        JSON.stringify({ "Food Name": data[i][1] })
      ).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
    }
  }
  console.log("not found");
  // 一致するデータが見つからない場合
  return ContentService.createTextOutput(
    JSON.stringify({ "error": "No data found for the provided number." })
  ).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
}

ChatGPT:

  • このスクリプトの修正を行うには、以下のステップに従います。
    1. パラメータの解釈 :
      doGet 関数で、クエリパラメータとして id を受け取ります。この id パラメータは、スプレッドシートから取得したい論文の数を示します。
    2. バリデーションの変更 :
      現在のバリデーションでは4桁の数字のみを受け付けていますが、これを任意の正の整数に変更します。
    3. 指定された数の論文を返す :
      スプレッドシートから、指定された数の論文を取得し、それらをJSON形式で返します。

修正後のコードは次のようになります。

function doGet(e) {
  // リクエストからパラメータを取得
  console.log("start GPTs Custom Actions API test");
  console.log("e: " + JSON.stringify(e));
  var numberOfPapers = e.parameter.id;
  console.log("e.parameter.id: " + e.parameter.id);

  // パラメータが正の整数かどうかをチェック
  if (!numberOfPapers || !/^\d+$/.test(numberOfPapers)) {
    console.log("bad format: " + numberOfPapers);
    return ContentService.createTextOutput(
      JSON.stringify({ "error": "Invalid request. Please provide a positive integer." })
    ).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
  }

  // スプレッドシートの準備
  var sheet = SpreadsheetApp.openById('17WqvBLUb1VTgIjFl4LG6kYzepQAeqk1y2hVVoKglnOc').getSheetByName('シート1');
  var data = sheet.getDataRange().getValues();
  console.log("format OK");

  // 指定された数の論文を返す
  var papers = [];
  for (var i = 1; i <= Math.min(data.length - 1, Number(numberOfPapers)); i++) {
    var paperData = {
      "Title": data[i][0],
      "Abstract": data[i][1],
      "Authors": data[i][2],
      "Paper URL": data[i][3],
      "GitHub URL": data[i][4],
      "Full Text": data[i][5]
    };
    papers.push(paperData);
  }

  // 結果をJSONとして返す
  return ContentService.createTextOutput(
    JSON.stringify(papers)
  ).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
}

この修正により、id パラメータに指定された数だけ、スプレッドシート上の論文情報を返すようになります。パラメータが正の整数でない場合は、適切なエラーメッセージが返されます。

スクリプトの微調整

Person:

  • Full Textはデバッグ用なので不要です。
    上記の最新論文を取得するコードをもとに、下記のコードを修正して
{
  "openapi": "3.1.0",
  "info": {
    "title": "Get name data",
    "description": "Get lastname and firstname by id",
    "version": "v1.0.0"
  },
  "servers": [
    {
      "url": "https://script.google.com"
    }
  ],
  "paths": {
    "/macros/s/AKfycbyRbbQjj7A0gUGXlIzkhHcn1ohpX4KlT6D61Pf_L1YrzDLJN-4YCEVLQyS5C29OMIfO/exec": {
      "get": {
        "description": "Get lastname and firstname by id",
        "operationId": "GetNameByid",
        "parameters": [
          {
            "name": "id",
            "in": "query",
            "description": "ID No.",
            "required": true,
            "schema": {
              "type": "string"
            }
          }
        ],
        "deprecated": false
      }
    }
  },
  "components": {
    "schemas": {
      "NameResponse": {
        "type": "object",
        "properties": {
          "Name": {
            "type": "string"
          }
        }
      }
    }
  }
}

ChatGPT:

  • このスクリプトは、OpenAPI 3.1.0 スペックを使用してAPIの仕様を定義しています。この仕様を修正して、最新の論文を取得する機能を反映させるには、以下のステップを実行します。
    1. エンドポイントの説明を更新する :
      現在の説明は「IDによって姓と名を取得する」となっていますが、これを「指定された数の最新論文を取得する」という説明に変更します。
    2. パラメータの定義を更新する :
      現在のidパラメータは文字列型として定義されていますが、これを正の整数を受け入れるように変更します。
    3. レスポンスのスキーマを更新する :
      現在のスキーマは単一の名前を返すように設定されていますが、これを論文のリストを返すように変更します。

修正後のOpenAPIスペックは以下のようになります。

openapi: "3.1.0"
info:
  title: "Get latest papers"
  description: "Get a list of the latest papers by the specified number"
  version: "v1.0.0"
servers:
  - url: "https://script.google.com"
paths:
  /macros/s/AKfycbyRbbQjj7A0gUGXlIzkhHcn1ohpX4KlT6D61Pf_L1YrzDLJN-4YCEVLQyS5C29OMIfO/exec:
    get:
      description: "Get a list of the latest papers by the specified number"
      operationId: "GetLatestPapers"
      parameters:
        - name: "id"
          in: "query"
          description: "Number of papers to retrieve"
          required: true
          schema:
            type: "integer"
            format: "int32"
            minimum: 1
      deprecated: false
components:
  schemas:
    PapersResponse:
      type: "object"
      properties:
        Papers:
          type: "array"
          items:
            type: "object"
            properties:
              Title:
                type: "string"
              Abstract:
                type: "string"
              Authors:
                type: "string"
              PaperURL:
                type: "string"
              GitHubURL:
                type: "string"

この変更により、APIは指定された数の最新論文を取得し、そのタイトル、アブストラクト、著者、論文URL、GitHub URLを含むリストを返すようになります。また、パラメータidは正の整数として定義されており、少なくとも1の値が必要です。

ドキュメントからSchemaの生成

ベースとなるPOSTリクエストの生成

まず、POSTリクエストを実施するサンプルのSchemaを生成してもらいます。

Person:

  • POSTする例を日本語でください

ChatGPT:

  • もちろんです。OpenAPI 3.0の仕様を使って、POSTリクエストの例を日本語で説明します。ここでは、ユーザーを作成するためのAPIエンドポイントを想定しています。このエンドポイントは、ユーザー名とパスワードをJSON形式で受け取り、新しいユーザーを作成します。
openapi: 3.0.0
info:
  title: ユーザー管理API
  description: ユーザー情報を管理するためのAPIです。
  version: 1.0.0
servers:
  - url: http://api.example.com/v1
    description: 本番サーバー
paths:
  /users:
    post:
      operationId: createUser
      summary: ユーザーを作成します。
      description: 新しいユーザーを作成するためのエンドポイントです。
      requestBody:
        required: true
        content:
          application/json:
            schema:
              type: object
              properties:
                username:
                  type: string
                  description: ユーザー名
                password:
                  type: string
                  description: パスワード
      responses:
        '201':
          description: ユーザー作成成功
        '400':
          description: 不正なリクエスト

この仕様では、/users パスに対してPOSTリクエストを送ることでユーザーを作成できます。リクエストボディには usernamepassword が必要です。このAPIは成功時にステータスコード201を返し、不正なリクエストの場合は400を返します。

このような仕様では、必要なパラメータやリクエストの形式が明確になり、ユーザーは簡単にAPIを利用できます。

LINE Messaging API Schemaの生成

次に、ベースとなるPOST Schemaを参考にLINE Messaging APIのドキュメントを考慮したSchemaを生成してもらいます。

Messaging APIリファレンス
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEプラットフォームのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

Person:

  • 下記の情報を用いてGPTsからlineに情報を展開して
POST https://api.line.me/v2/bot/message/broadcast

curl -v -X POST https://api.line.me/v2/bot/message/broadcast \
-H 'Content-Type: application/json' \
-H 'Authorization: Bearer {channel access token}' \
-H 'X-Line-Retry-Key: {UUID}' \
-d '{
    "messages":[
        {
            "type":"text",
            "text":"Hello, world1"
        },
        {
            "type":"text",
            "text":"Hello, world2"
        }
    ]
}'

ChatGPT:

  • 以下は、提供された情報を基に、LINE Messaging APIの broadcast エンドポイントに対するOpenAPI 3.0仕様を作成したものです。この仕様は、指定したメッセージをLINEのボットから全ユーザーにブロードキャストするために使用されます。
openapi: 3.0.0
info:
  title: LINE Messaging API
  description: LINE Messaging APIを通じてメッセージを送信する。
  version: 1.0.0
servers:
  - url: https://api.line.me/v2/bot
    description: LINE Messaging APIサーバー
paths:
  /message/broadcast:
    post:
      operationId: broadcastMessage
      summary: メッセージを全ユーザーにブロードキャストする。
      description: LINEボットが指定したメッセージを全ユーザーにブロードキャストします。
      requestBody:
        required: true
        content:
          application/json:
            schema:
              type: object
              properties:
                messages:
                  type: array
                  description: 送信するメッセージの配列。
                  items:
                    type: object
                    properties:
                      type:
                        type: string
                        description: メッセージのタイプ。
                      text:
                        type: string
                        description: 送信するテキストメッセージ。
      responses:
        '200':
          description: メッセージ送信成功
        '400':
          description: 不正なリクエスト
      security:
        - lineAuth:
            - channelAccessToken
securitySchemes:
  lineAuth:
    type: http
    scheme: bearer
    bearerFormat: JWT

この仕様には、リクエストボディでメッセージのタイプとテキストを指定する必要があります。また、セキュリティスキームとしてBearer認証を使用し、Authorization ヘッダーにチャネルアクセストークンを含める必要があります。このエンドポイントは、正常にメッセージが送信された場合にステータスコード200を返し、不正なリクエストの場合は400を返します。

この仕様では、メッセージのタイプやテキスト、セキュリティスキームなどが定義されており、ユーザーはLINEのボットから効果的にメッセージを送信できます。

結論

GPTs Actionsの構築は、ActionsGPTのようなツールを活用することで、非常に簡単かつ効率的になります。この記事で紹介したような例は、GPTs Actionsの構築を始める際の素晴らしい出発点となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました