UE5 Niagara C++ドキュメント(非公式)

未分類

はじめに

Niagaraとは

Niagaraは、Unreal Engine 5に搭載されている高性能なビジュアルエフェクトシステムです。パーティクル、リボン、メッシュ、ライトなどの様々な要素を組み合わせ、複雑で動的なエフェクトを作成することができます。Niagaraは、従来のCascadeパーティクルシステムの後継として開発され、よりフレキシブルで拡張性の高いアーキテクチャを提供しています。

Niagaraの特徴は以下の通りです。

  • グラフベースのビジュアルプログラミング
  • データ指向の設計
  • カスタムデータ型とデータインターフェース
  • スケーラビリティとパフォーマンス
  • C++とブループリントの連携

Niagaraを使うことで、アーティストやデザイナーは、プログラミングの知識が少なくても、高品質なエフェクトを制作できます。また、プログラマーは、C++を使ってNiagaraの機能を拡張したり、ゲームプレイと連動したエフェクトを実装したりすることができます。

C++でNiagaraを扱う利点

C++でNiagaraを扱うことには、以下のような利点があります。

  • パフォーマンスの最適化

    • C++では、メモリ管理やマルチスレッド処理を細かく制御できるため、高いパフォーマンスを引き出すことができます。
  • ゲームプレイロジックとの連携

    • C++を使うことで、ゲームプレイのロジックとNiagaraエフェクトを直接連携させることができます。これにより、よりインタラクティブで動的なエフェクトを実現できます。
  • 再利用性の向上

    • C++で実装したNiagaraの機能は、複数のプロジェクトで再利用することができます。これにより、開発の効率化とコードの一貫性を保つことができます。
  • 拡張性の確保

    • Niagaraの機能をC++で拡張することで、プロジェクト固有の要件に対応したり、サードパーティ製のライブラリを統合したりすることができます。

本ドキュメントでは、C++でNiagaraを扱うための基本的な概念から応用的な使い方まで、幅広くカバーしています。サンプルコードやユースケースを交えながら、実践的な知識を身につけることができるでしょう。

Niagaraの基本概念

Niagaraを効果的に使いこなすには、以下の基本概念を理解することが重要です。

Niagara System

Niagara Systemは、Niagaraエフェクトの根幹をなすコンポーネントです。1つ以上のNiagara Emitterを含み、それらの間でデータを共有したり、全体的な挙動を制御したりします。Niagara Systemは、UNiagaraSystemクラスによって表現されます。

主な役割は以下の通りです。

  • Emitterの管理
  • システム全体のプロパティ設定
  • Emitter間のデータ共有
  • システムレベルのイベントとスクリプトの処理

Niagara Emitter

Niagara Emitterは、パーティクルやリボン、メッシュなどの個々の要素を生成し、それらの挙動を定義します。各Emitterは、独自のプロパティとスクリプトを持ち、Niagara System内で組み合わせることができます。Niagara Emitterは、UNiagaraEmitterクラスによって表現されます。

主な役割は以下の通りです。

  • パーティクルやリボン、メッシュの生成
  • 要素の初期化と更新
  • レンダリングの設定
  • Emitter固有のイベントとスクリプトの処理

Niagara Component

Niagara Componentは、Niagara SystemをActor上で実行するためのコンポーネントです。Niagara Systemのインスタンス化や、パラメータの設定、エフェクトの制御などを行います。Niagara Componentは、UNiagaraComponentクラスによって表現されます。

主な役割は以下の通りです。

  • Niagara Systemのインスタンス化
  • エフェクトのトランスフォームの設定
  • パラメータとデータインターフェースの設定
  • エフェクトの再生、停止、一時停止などの制御

Niagara Actor

Niagara Actorは、Niagara Componentを含むActorです。エフェクトをレベル内に配置したり、ブループリントやC++からエフェクトを制御したりするために使用されます。Niagara Actorは、ANiagaraActorクラスによって表現されます。

主な役割は以下の通りです。

  • レベル内でのエフェクトの配置
  • Niagara Componentの管理
  • ブループリントやC++からのエフェクトの制御

以下の図は、これらの基本概念の関係性を示しています。

graph LR
    A[Niagara System] --> B[Niagara Emitter]
    C[Niagara Component] --> A
    D[Niagara Actor] --> C

これらの基本概念を理解することで、Niagaraエフェクトの構造を把握し、効果的にC++で制御できるようになります。次の章では、これらの概念に対応するC++クラスの詳細を説明します。

NiagaraのC++クラス構造

Niagaraの基本概念に対応するC++クラスを理解することは、Niagaraをプログラムで制御する上で不可欠です。ここでは、主要なクラスの詳細と、それらの継承関係について説明します。

UNiagaraSystem

UNiagaraSystemは、Niagara Systemを表すC++クラスです。UObjectクラスから派生しており、Niagara Emitterの管理や、システム全体の設定を行います。

主なプロパティとメソッド:

  • UNiagaraScript* SystemSpawnScript: システムのスポーンスクリプト
  • UNiagaraScript* SystemUpdateScript: システムの更新スクリプト
  • TArray<FNiagaraEmitterHandle> EmitterHandles: システムに含まれるエミッターのハンドル
  • bool bAutoDeactivate: システムの自動非アクティブ化を制御するフラグ

UNiagaraEmitter

UNiagaraEmitterは、Niagara Emitterを表すC++クラスです。UObjectクラスから派生しており、パーティクルやリボン、メッシュなどの個々の要素の生成と挙動を定義します。

主なプロパティとメソッド:

  • UNiagaraScript* SpawnScript: エミッターのスポーンスクリプト
  • UNiagaraScript* UpdateScript: エミッターの更新スクリプト
  • FNiagaraEmitterScriptProperties UpdateScriptProps: 更新スクリプトのプロパティ
  • ENiagaraSimTarget SimTarget: エミッターのシミュレーションターゲット(CPUまたはGPU)

UNiagaraComponent

UNiagaraComponentは、Niagara Componentを表すC++クラスです。UPrimitiveComponentクラスから派生しており、Niagara Systemのインスタンス化や、パラメータの設定、エフェクトの制御を行います。

主なプロパティとメソッド:

  • UNiagaraSystem* Asset: 使用するNiagara Systemアセット
  • FNiagaraUserRedirectionParameterStore OverrideParameters: オーバーライドされたパラメータのストア
  • void SetVariableFloat(FName InVariableName, float InValue): 浮動小数点数パラメータの設定
  • void SetVariableVec3(FName InVariableName, FVector InValue): ベクトルパラメータの設定

ANiagaraActor

ANiagaraActorは、Niagara Actorを表すC++クラスです。AActorクラスから派生しており、レベル内でのエフェクトの配置や、Niagara Componentの管理を行います。

主なプロパティとメソッド:

  • UNiagaraComponent* NiagaraComponent: Niagara Componentのインスタンス
  • UBillboardComponent* SpriteComponent: エフェクトの位置を示すビルボードコンポーネント
  • void SetDestroyOnSystemFinish(bool bShouldDestroyOnSystemFinish): システム終了時のアクターの破棄を設定

以下の図は、これらのクラスの継承関係を示しています。

classDiagram
    UObject <|-- UNiagaraSystem
    UObject <|-- UNiagaraEmitter
    UPrimitiveComponent <|-- UNiagaraComponent
    AActor <|-- ANiagaraActor

これらのクラスを理解することで、NiagaraエフェクトをC++で効果的に制御できるようになります。次の章では、これらのクラスを使った基本的な使い方について説明します。

NiagaraのC++での基本的な使い方

ここでは、NiagaraをC++で使用する基本的な方法について説明します。Niagara Systemのインスタンス化、Niagara Componentの設定、エフェクトのアクティベーションなどを取り上げます。

Niagara Systemのインスタンス化

Niagara SystemをC++でインスタンス化するには、以下の手順を踏みます。

  1. UNiagaraSystemアセットをロードする
  2. UNiagaraComponentを作成する
  3. UNiagaraComponentUNiagaraSystemを設定する

以下のコードは、この手順を示しています。

// Niagara Systemアセットをロード
UNiagaraSystem* NiagaraSystem = LoadObject<UNiagaraSystem>(nullptr, TEXT("/Game/Effects/MyNiagaraSystem"));

// Niagara Componentを作成
UNiagaraComponent* NiagaraComponent = NewObject<UNiagaraComponent>(GetTransientPackage());

// Niagara ComponentにNiagara Systemを設定
NiagaraComponent->SetAsset(NiagaraSystem);

Niagara Componentの設定

Niagara Componentに対して、パラメータの設定や、トランスフォームの調整などを行うことができます。

// パラメータの設定
NiagaraComponent->SetVariableFloat(TEXT("Param1"), 10.0f);
NiagaraComponent->SetVariableVec3(TEXT("Param2"), FVector(1, 2, 3));

// トランスフォームの設定
NiagaraComponent->SetRelativeLocation(FVector(0, 0, 100));
NiagaraComponent->SetRelativeRotation(FRotator(0, 90, 0));
NiagaraComponent->SetRelativeScale3D(FVector(1, 1, 1));

Niagara Systemのアクティベーション

Niagara Systemをアクティベートするには、UNiagaraComponent::Activate()メソッドを呼び出します。

// Niagara Systemのアクティベーション
NiagaraComponent->Activate();

ブループリントとC++の連携

ブループリントで作成したNiagara SystemをC++で制御することもできます。以下の手順で行います。

  1. ブループリントでNiagara Systemを作成する
  2. C++でNiagara SystemのUNiagaraSystemアセットを取得する
  3. 取得したアセットを使ってNiagara Componentを設定する
// ブループリントで作成したNiagara Systemアセットを取得
UNiagaraSystem* NiagaraSystem = LoadObject<UNiagaraSystem>(nullptr, TEXT("/Game/Effects/BP_MyNiagaraSystem"));

// Niagara Componentを作成
UNiagaraComponent* NiagaraComponent = NewObject<UNiagaraComponent>(GetTransientPackage());

// Niagara ComponentにNiagara Systemを設定
NiagaraComponent->SetAsset(NiagaraSystem);

これらの基本的な使い方を理解することで、NiagaraをC++で制御できるようになります。次の章では、より応用的な使い方について説明します。

NiagaraのC++での応用的な使い方

ここでは、NiagaraのC++での応用的な使い方について説明します。カスタムデータインターフェースの作成、Dynamic Inputを使った動的パラメータ制御、Niagara Systemのカスタマイズ、マルチスレッド処理との連携などを取り上げます。

カスタムデータインターフェース

Niagaraでは、カスタムデータインターフェースを作成することで、独自のデータソースをエフェクトに提供できます。以下は、簡単なカスタムデータインターフェースの例です。

UCLASS(EditInlineNew, Category = "CustomDataInterfaces")
class UMyCustomDataInterface : public UNiagaraDataInterface
{
    GENERATED_BODY()

public:
    UPROPERTY(EditAnywhere, Category = "CustomDataInterface")
    float CustomParameter;

    virtual void GetFunctions(TArray<FNiagaraFunctionSignature>& OutFunctions) override
    {
        // カスタム関数のシグネチャを定義
        OutFunctions.Add(FNiagaraFunctionSignature{
            "CustomFunction",
            {
                FNiagaraVariable(FNiagaraTypeDefinition::GetFloatDef(), TEXT("CustomParameter")),
            },
            {
                FNiagaraVariable(FNiagaraTypeDefinition::GetFloatDef(), TEXT("Result")),
            },
            /*bMemberFunction=*/true,
            /*bRequiresContext=*/false
        });
    }

    virtual void GetVMExternalFunction(const FVMExternalFunctionBindingInfo& BindingInfo, void* InstanceData, FVMExternalFunction& OutFunc) override
    {
        // カスタム関数の実装
        if (BindingInfo.Name == "CustomFunction")
        {
            OutFunc = FVMExternalFunction::CreateUObject(this, &UMyCustomDataInterface::CustomFunction);
        }
    }

    void CustomFunction(FVectorVMContext& Context)
    {
        // カスタム関数の処理
        FNDIOutputParam<float> Result(Context);
        Result.SetAndAdvance(CustomParameter);
    }
};

Dynamic Inputを使った動的パラメータ制御

Dynamic Inputを使うことで、C++からNiagaraエフェクトのパラメータを動的に制御できます。

// Dynamic Inputの設定
FNiagaraScriptExecutionParameterStore ParameterStore;
ParameterStore.SetParameterValue(TEXT("DynamicParam"), FVector::OneVector);
NiagaraComponent->SetExecutionParameterStore(ParameterStore);

Niagara Systemのカスタマイズ

既存のNiagara Systemをコードから直接修正することで、エフェクトをカスタマイズできます。

// Niagara Systemの取得
UNiagaraSystem* NiagaraSystem = NiagaraComponent->GetAsset();

// エミッターのプロパティを変更
UNiagaraEmitter* Emitter = NiagaraSystem->GetEmitterHandles()[0].GetInstance();
Emitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("EmitterParam"), 10.0f);

マルチスレッド処理との連携

Niagaraをマルチスレッドのシミュレーションやジョブシステムと連携させることで、パフォーマンスを向上させることができます。

// シミュレーションの並列処理
ParallelFor(NiagaraSystem->GetNumEmitters(), [&](int32 EmitterIndex)
{
    NiagaraSystem->GetEmitterHandles()[EmitterIndex].GetInstance()->SimulateEmitter(
        NiagaraComponent->GetSystemInstance(),
        NiagaraComponent->GetTickCount(),
        NiagaraComponent->GetTickDeltaSeconds()
    );
});

これらの応用的な使用方法を理解することで、NiagaraをC++でより高度に制御できるようになります。次の章では、パフォーマンス最適化のテクニックを紹介します。

パフォーマンス最適化のテクニック

Niagaraのパフォーマンスを最適化することは、リアルタイムアプリケーションにとって非常に重要です。ここでは、パーティクル数の削減、不要なエミッターの無効化、データインターフェースの最適化、シミュレーションと描画の分離など、いくつかの最適化テクニックを紹介します。

パーティクル数の削減

パーティクル数を減らすことは、Niagaraのパフォーマンスを向上させる最も直接的な方法の1つです。以下のようなテクニックを使用して、パーティクル数を最適化できます。

  • エミッターのスポーンレートを調整する
  • パーティクルの寿命を短くする
  • カリングや距離ベースのスポーン制限を使用する
// スポーンレートの調整
UNiagaraEmitter* Emitter = NiagaraSystem->GetEmitterHandles()[0].GetInstance();
Emitter->SpawnRate = 100;

// パーティクルの寿命を短くする
Emitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("Lifetime"), 1.0f);

不要なエミッターの無効化

すべてのエミッターが常に必要とは限りません。特定の条件下で不要なエミッターを無効にすることで、パフォーマンスを改善できます。

// エミッターの無効化
UNiagaraEmitter* Emitter = NiagaraSystem->GetEmitterHandles()[0].GetInstance();
Emitter->SetExecutionState(ENiagaraExecutionState::Disabled);

データインターフェースの最適化

データインターフェースは、外部データをNiagaraに提供するために使用されますが、パフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。以下のようなテクニックを使用して、データインターフェースを最適化できます。

  • 必要なデータのみを提供する
  • データのプリコンピュートやキャッシュを使用する
  • コストの高い操作をできるだけ避ける
// データのプリコンピュート
void UMyCustomDataInterface::PrecomputeData()
{
    // コストの高い計算をここで実行し、結果をキャッシュ
}

シミュレーションと描画の分離

Niagaraのシミュレーションと描画を別のスレッドで実行することで、パフォーマンスを向上させることができます。これにより、シミュレーションと描画のオーバーヘッドを最小限に抑えることができます。

// シミュレーションと描画の分離
DECLARE_CYCLE_STAT(TEXT("Niagara Simulation"), STAT_NiagaraSimulation, STATGROUP_Niagara);
DECLARE_CYCLE_STAT(TEXT("Niagara Rendering"), STAT_NiagaraRendering, STATGROUP_Niagara);

void NiagaraParallelFor(UNiagaraSystem* System, TFunction<void(int32)> Func)
{
    ParallelFor(System->GetNumEmitters(), Func);
}

void SimulateNiagara(UNiagaraComponent* Component)
{
    SCOPE_CYCLE_COUNTER(STAT_NiagaraSimulation);
    NiagaraParallelFor(Component->GetAsset(), [&](int32 EmitterIndex)
    {
        // シミュレーションを実行
    });
}

void RenderNiagara(UNiagaraComponent* Component)
{
    SCOPE_CYCLE_COUNTER(STAT_NiagaraRendering);
    NiagaraParallelFor(Component->GetAsset(), [&](int32 EmitterIndex)
    {
        // 描画を実行
    });
}

これらの最適化テクニックを適用することで、Niagaraのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。ただし、すべてのテクニックがすべての状況に適しているわけではないので、プロファイリングを行い、適切な最適化を選択することが重要です。

次の章では、Niagaraのデバッグとプロファイリングの方法を説明します。

サンプルコードとユースケース

ここでは、Niagaraを使用した実際のユースケースとそのサンプルコードを紹介します。これらの例を参考に、自分のプロジェクトにNiagaraを活用することができるでしょう。

天候システムの作成

Niagaraを使って、雨、雪、霧などの天候効果を作成することができます。以下は、雨のエフェクトを作成するサンプルコードです。

// Niagara Systemの作成
UNiagaraSystem* RainSystem = NewObject<UNiagaraSystem>();

// エミッターの追加
UNiagaraEmitter* RainEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
RainEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("RainEmitter"));
RainSystem->AddEmitterHandle(*RainEmitter);

// パラメータの設定
RainEmitter->SpawnRate = 1000;
RainEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("Lifetime"), 2.0f);
RainEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("Size"), FVector2D(2, 20));

// マテリアルの設定
UMaterial* RainMaterial = LoadObject<UMaterial>(nullptr, TEXT("/Game/Materials/M_Rain"));
RainEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("Material"), RainMaterial);

// Niagara Componentの作成と設定
UNiagaraComponent* RainComponent = NewObject<UNiagaraComponent>();
RainComponent->SetAsset(RainSystem);
RainComponent->Activate();

魔法エフェクトの実装

Niagaraを使って、魔法の発射、軌跡、爆発などのエフェクトを作成できます。以下は、ファイアボールの魔法エフェクトを実装するサンプルコードです。

// ファイアボールのNiagara Systemを作成
UNiagaraSystem* FireballSystem = NewObject<UNiagaraSystem>();

// 発射エミッターの追加
UNiagaraEmitter* LaunchEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
LaunchEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("LaunchEmitter"));
FireballSystem->AddEmitterHandle(*LaunchEmitter);

// 軌跡エミッターの追加
UNiagaraEmitter* TrailEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
TrailEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("TrailEmitter"));
FireballSystem->AddEmitterHandle(*TrailEmitter);

// 爆発エミッターの追加
UNiagaraEmitter* ExplosionEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
ExplosionEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("ExplosionEmitter"));
FireballSystem->AddEmitterHandle(*ExplosionEmitter);

// パラメータの設定
LaunchEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("LaunchVelocity"), FVector(0, 0, 1000));
TrailEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("TrailLifetime"), 0.5f);
ExplosionEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("ExplosionSize"), 300.0f);

// ファイアボールのNiagara Componentを作成し、発射
UNiagaraComponent* FireballComponent = NewObject<UNiagaraComponent>();
FireballComponent->SetAsset(FireballSystem);
FireballComponent->SetRelativeLocation(FVector(0, 0, 100));
FireballComponent->Activate();

破壊エフェクトの作成

建物やオブジェクトの破壊エフェクトにNiagaraを使用することができます。以下は、破壊エフェクトを作成するサンプルコードです。

// 破壊エフェクトのNiagara Systemを作成
UNiagaraSystem* DestructionSystem = NewObject<UNiagaraSystem>();

// デブリエミッターの追加
UNiagaraEmitter* DebrisEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
DebrisEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("DebrisEmitter"));
DestructionSystem->AddEmitterHandle(*DebrisEmitter);

// ダストエミッターの追加
UNiagaraEmitter* DustEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
DustEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("DustEmitter"));
DestructionSystem->AddEmitterHandle(*DustEmitter);

// パラメータの設定
DebrisEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("DebrisCount"), 100);
DebrisEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("DebrisVelocity"), FVector(0, 0, 500));
DustEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("DustSize"), 50.0f);

// 破壊エフェクトのNiagara Componentを作成し、アクティベート
UNiagaraComponent* DestructionComponent = NewObject<UNiagaraComponent>();
DestructionComponent->SetAsset(DestructionSystem);
DestructionComponent->SetWorldLocation(DestroyedObjectLocation);
DestructionComponent->Activate();

キャラクターのバフ・デバフエフェクトの実装

Niagaraを使ってキャラクターのバフやデバフのエフェクトを作成することができます。以下は、ヒーリングエフェクトを実装するサンプルコードです。

// ヒーリングエフェクトのNiagara Systemを作成
UNiagaraSystem* HealingSystem = NewObject<UNiagaraSystem>();

// パーティクルエミッターの追加
UNiagaraEmitter* HealingEmitter = NewObject<UNiagaraEmitter>();
HealingEmitter->SetUniqueEmitterName(TEXT("HealingEmitter"));
HealingSystem->AddEmitterHandle(*HealingEmitter);

// パラメータの設定
HealingEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("HealingDuration"), 5.0f);
HealingEmitter->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.SetParameterValue(TEXT("HealingAmount"), 50.0f);

// ヒーリングエフェクトのNiagara Componentを作成し、キャラクターにアタッチ
UNiagaraComponent* HealingComponent = NewObject<UNiagaraComponent>();
HealingComponent->SetAsset(HealingSystem);
HealingComponent->AttachToComponent(CharacterMesh, FAttachmentTransformRules::KeepRelativeTransform);
HealingComponent->Activate();

// ヒーリング処理
float HealingAmount = HealingComponent->GetAsset()->GetEmitterHandles()[0].GetInstance()->UpdateScriptProps.Script->RapidIterationParameters.GetParameterValue(TEXT("HealingAmount"));
Character->Health += HealingAmount;

これらのサンプルコードを参考に、自分のプロジェクトに合ったエフェクトを作成してみてください。Niagaraの柔軟性により、様々なビジュアルエフェクトを実装することができます。

次の章では、Niagaraの将来の展望とまとめについて説明します。

今後の展望とまとめ

将来のNiagaraの方向性

Niagaraは、リリース以降、着実に進化を続けています。今後のアップデートでは、さらに多くの機能と改善が予定されています。

  1. パフォーマンスの向上

    • より効率的なメモリ管理
    • マルチスレッドシミュレーションの最適化
    • GPUシミュレーションの拡張
  2. ビジュアルエディタの強化

    • ノードベースのエディタの改善
    • より直感的なパラメータ制御
    • プリセットとテンプレートの拡充
  3. 物理ベースのシミュレーション

    • 流体シミュレーションの統合
    • ソフトボディダイナミクスのサポート
    • ハードボディコリジョンの改善
  4. レンダリング機能の拡張

    • ボリュームレンダリングのサポート
    • ハイエンドなライティング手法の導入
    • カスタムシェーダーの統合
  5. 他のUnrealエンジンシステムとの連携強化

    • Chaos物理エンジンとの統合
    • Control Rigとの連携
    • Metasoundとのインタラクション

これらの改善により、Niagaraは将来的にさらに強力で柔軟なビジュアルエフェクトシステムになると期待されています。

まとめ

このドキュメントでは、Unreal Engine 5のNiagaraビジュアルエフェクトシステムをC++で活用する方法について詳細に説明しました。

  • Niagaraの基本的なコンセプトと主要なC++クラスについて学びました。
  • Niagara SystemのC++での作成方法とパラメータの制御方法を理解しました。
  • カスタムデータインターフェースやDynamic Inputなど、Niagaraの高度な機能を活用する方法を学びました。
  • パフォーマンス最適化のためのテクニックやデバッグ・プロファイリング方法を習得しました。
  • 実際のユースケースとサンプルコードを通して、Niagaraの実践的な使用方法を学びました。

Niagaraは、ゲーム開発におけるビジュアルエフェクトの可能性を大きく広げるツールです。C++を使ってNiagaraを最大限に活用することで、より没入感のあるインタラクティブな体験を創造することができます。

このドキュメントが、Niagaraをマスターするための一助となれば幸いです。Niagaraの継続的な学習と実験を通じて、ゲームのビジュアルクオリティを新たな高みに引き上げていきましょう。

参考サイト

https://dev.epicgames.com/community/learning/tutorials/Gx5j/using-niagara-in-c?locale=ja-jp
https://dev.epicgames.com/documentation/en-us/unreal-engine/API/Plugins/Niagara/UNiagaraFunctionLibrary?application_version=5.0
https://dev.epicgames.com/documentation/en-us/unreal-engine/API/Plugins/Niagara?application_version=5.0
https://dev.epicgames.com/documentation/en-us/unreal-engine/API/Plugins/Niagara/UNiagaraDataInterfaceSkeletalMes-?application_version=5.0
https://dev.epicgames.com/documentation/en-us/unreal-engine/API/Plugins/Niagara/UNiagaraSystem?application_version=5.0

コメント

タイトルとURLをコピーしました