Machine Learning

AI

Hugging Face CI/CDにおけるエラー解消: Git LFS設定と画像ファイルの履歴削除

はじめにこの記事では、Hugging Faceとの連携におけるCI/CDプロセス中に生じる可能性のあるエラーを解消する方法を解説します。具体的には、Gitリポジトリで大きな画像ファイル(PNG、GIF、JPG)を扱う際に発生する問題を解決す...
AGI

OSWorld: オープンエンドなタスクのためのマルチモーダルエージェントのベンチマーク

はじめにOSWorldは、実際のコンピュータ環境でオープンエンドなタスクを実行するマルチモーダルエージェントのベンチマークです。このリポジトリでは、環境、ベンチマーク、プロジェクトページが提供されています。主な特徴は以下の通りです:実際のデ...
AI

CodeLumia: GitHubリポジトリの解読ドキュメンテーションを自動生成

はじめにCodeLumiaは、GitHubリポジトリのソースコードを分析し、包括的なマークダウン形式のドキュメントを自動生成するPythonツールです。このツールを使用することで、以下のようなメリットがあります。プロジェクトの構造、依存関係...
AGI

AutoCodeRover入門 – 自動プログラム修正ツールを動かしてみよう!

こんにちは!皆さんは、プログラミングのバグ修正や機能追加に苦労したことはありませんか?そんな悩みを解決してくれる夢のようなツール「AutoCodeRover」を、今回はDocker Composeを使って手軽に動かす方法を紹介します。こちら...
AGI

日本語版:AutoCodeRover: 自律的なプログラム改善 (AutoCodeRover: Autonomous Program Improvement)

概要この論文は、GitHub issues を自動的に解決し、プログラムの修正や機能追加を自律的に行うアプローチ「AutoCodeRover」を提案しています。AutoCodeRoverは、大規模言語モデル(Large Language M...
AI

ソフトウェア開発を効率化する「SourceSage」の使い方

ソフトウェア開発において、コードの品質向上やドキュメント管理は重要ですが、手間のかかる作業です。「SourceSage」は、AIの力を活用してこれらの課題を自動化し、開発のライフサイクル全体を通して生産性向上を支援するPythonツールです...
LLM

C4AI Command-R Google Colab L4で動かしてみた

はじめに本記事では、Cohere For AIが開発した35億パラメータの大規模言語モデルであるC4AI Command-Rを使用して、Google Colab L4で実装する方法について解説します。Command-Rは、推論、要約、質問応...
LLM

日本語版:C4AI Command R+モデルカード

🚨 このモデルは、C4AI Command R+の非量子化バージョンです。bitsandbytesを使用したC4AI Command R+の量子化バージョンはこちらで見つけることができます。モデルの概要C4AI Command R+は、1,...
LLM

RAGシステムの検索に新たな知見!日本語版 The Power of Noise: Redefining Retrieval for RAG Systems

ろんJアイスブレイク1 : 名無し専門家 :2024/04/02(火) 12:34:56.78 ID:IR56この論文は、Retrieval-Augmented Generation (RAG) システムにおける検索の役割について興味深い洞...
AI

SourceSage v2.0~Gitログも活用~ 高品質リリースノートを爆速作成

はじめにSourceSage 2.0.0のリリースを発表できることを嬉しく思います!このバージョンでは、ツールの使いやすさ、保守性、効率性を向上させるために、いくつかの重要な機能強化と新機能が導入されています。SourceSageは、プロジ...