【Arduino】M5StackでWiFiのセットアップしてみる

IoT

はじめに

M5StackでWiFiに接続してみます.なるべく複雑でないシンプルなプログラムで接続テストをしてみます.

開発環境

必要パッケージのインストール

WiFiを動かすために必要パッケージのインストールをします.今回は特に必要なものはなく,M5stackを動かす環境ではデフォルトで必要なパッケージをライブラリマネージャーからインストールしておきす.

ライブラリマネージャー

「m5stack」をインストールしておきます.

プログラムの書き込み

WiFi接続するシンプルなプログラムの書き込みをしていきます.

#include <M5Core2.h>
#include <WiFi.h>

const char* ssid = "yyyyyyyy";
const char* password = "xxxxxxxx";

void setup() {
    M5.begin();
    M5.Lcd.setTextSize(2);

    WiFi.begin(ssid, password);
    while (WiFi.status() != WL_CONNECTED){
        delay(500);
        M5.Lcd.print('.');
    }

    M5.Lcd.print("\r\nWiFi connected\r\nIP address: ");
    M5.Lcd.println(WiFi.localIP());
}

void loop() {

}

検証して書き込みます.

file

無事に接続できました.

結論

今後の開発も視野に入れて,WiFiの接続テストのために最小限のプログラムを動かしたところ,M5Stackで無事に接続できました.
次回は,RTCで同期などをしてみたいと思います.

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました