【Geep】Label Studioでスプラ3のアノテーションをやってみる【Docker Compose】

Geep

はじめに

Label Studioを使ってスプラ3の自作のデータセットを構築していこうと思います.

環境

前準備

【Geep】秒速でアノテーションソフト(Label Studio)を起動【Docker Compose】
はじめに深層学習で自作のデータセットを扱う場合,アノテーションを付与する必要があります.そこで,アノテーションソフトのLabel Studioを秒速で構築していこうと思います.環境Windows11Docker Desktop...

Label Studio 起動

まずは,Createからプロジェクトを作成します.

file

プロジェクト名を入力してSaveします.

file

Go to importをクリックして

file

Upload Fileから

file

アノテーションする画像を選択します.

file

そうしたら,アップロードした画像が一覧で表示されるので,適当に一番上をクリック

file

ポップアップが出てくるので,表示されたGo to setupをクリック

file

テンプレートを選択

file

基本的なBBOXで検出するObject Detectを選択

file

例の飛行機と車は削除しておきます.

file

ラベルを追加する場合は,ラベル名を入力してAddで追加できます.

file

取りあえず,今回は,fukamantaroustuhoを追加しておきます.

file

設定が終わり,元の画面から画像を選択するとアノテーションを付与できます.

file

下のラベルをクリックすると,そのラベルに対応したBBOXを作成できます.こんな感じになります.

file

アノテート付与が終わったらこちらからエクスポートします.今回はCOCOを選択してエクスポートしました.

file

中身はこんな感じです.画像のフォルダとアノテート内容のjsonファイルがあります.

file

jsonファイルの中身はこんな感じです.

{
  "images": [
    {
      "width": 1280,
      "height": 720,
      "id": 0,
      "file_name": "images/4/84ffd77d-2022.jpg"
    },
    {
      "width": 1280,
      "height": 720,
      "id": 1,
      "file_name": "images/4/c0242ff3-2022110419022500-4CE9651EE88A979D41F24CE8D6EA1C23.jpg"
    },
    {
      "width": 1280,
      "height": 720,
      "id": 2,
      "file_name": "images/4/8f21c154-2022110419022200-4CE9651EE88A979D41F24CE8D6EA1C23.jpg"
    },
    {
      "width": 1280,
      "height": 720,
      "id": 3,
      "file_name": "images/4/97f37bc8-2022110419021400-4CE9651EE88A979D41F24CE8D6EA1C23.jpg"
    }
  ],
  "categories": [
    {
      "id": 0,
      "name": "fuka"
    },
    {
      "id": 1,
      "name": "mantaro"
    },
    {
      "id": 2,
      "name": "utsuho"
    }
  ],
  "annotations": [
    {
      "id": 0,
      "image_id": 0,
      "category_id": 0,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        140,
        255,
        195,
        176
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 34320
    },
    {
      "id": 1,
      "image_id": 0,
      "category_id": 1,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        638,
        40,
        551,
        128
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 70528
    },
    {
      "id": 2,
      "image_id": 0,
      "category_id": 2,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        322,
        248,
        210,
        166
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 34860
    },
    {
      "id": 3,
      "image_id": 1,
      "category_id": 0,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        313,
        50,
        699,
        532
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 371868
    },
    {
      "id": 4,
      "image_id": 2,
      "category_id": 1,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        1,
        47,
        1278,
        487
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 622386
    },
    {
      "id": 5,
      "image_id": 3,
      "category_id": 2,
      "segmentation": [],
      "bbox": [
        251,
        8,
        656,
        482
      ],
      "ignore": 0,
      "iscrowd": 0,
      "area": 316192
    }
  ],
  "info": {
    "year": 2022,
    "version": "1.0",
    "description": "",
    "contributor": "Label Studio",
    "url": "",
    "date_created": "2022-11-06 03:42:32.445040"
  }
}

画像はこんな感じです.

file

結論

無事にLabel Studioスプラ3のアノテート付与が完了しました.
次回から学習などをやっていきたいと思います.

参考文献

GitHub - heartexlabs/label-studio: Label Studio is a multi-type data labeling and annotation tool with standardized output format
Label Studio is a multi-type data labeling and annotation tool with standardized output format - GitHub - heartexlabs/label-studio: Label Studio is a multi-type...

コメント

タイトルとURLをコピーしました