【Windows11】Docker ComposeでRedmineを秒速導入【2022】

Docker

はじめに

自身の趣味(UE5やAI開発,アプリ開発など)や副業などにどれくらいの割合で時間を割いているかを可視化するため,工数管理できるRedmineを導入しようと思いやってみました.

必要なもの/環境

  • Docker for windows

file

この画面が見えるような状態であれば問題ありません.

Docker Compose

docker-compose.ymlを作成します.

たったこれだけのファイルを作成するだけで大丈夫です.

version: '2'
services:
  mariadb:
    image: docker.io/bitnami/mariadb:10.3
    environment:
      - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes
      - MARIADB_USER=bn_redmine
      - MARIADB_DATABASE=bitnami_redmine
    volumes:
      - 'mariadb_data:/bitnami'
  redmine:
    image: docker.io/bitnami/redmine:4
    environment:
      - REDMINE_DB_USERNAME=bn_redmine
      - REDMINE_DB_NAME=bitnami_redmine
      - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes
    ports:
      - '8888:3000'
    volumes:
      - 'redmine_data:/bitnami'
    depends_on:
      - mariadb
volumes:
  mariadb_data:
    driver: local
  redmine_data:
    driver: local

実行コマンド

あとは,docker-compose.ymlがあるフォルダで以下のコマンド実行します.

docker-compose up --build

file

起動の確認

ここにアクセスすると
http://localhost:8888/

このような画面になります.

file

ログインはこちらから

初期ユーザーはuser,パスワードはbitnami1です.

おわりに

無事に環境の構築ができました.
次回はテーマの変更などをしてテンションを上げていきましょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました