データサイエンスでDota2強くなるかも説(14)ノーマルマッチで勝つための必要条件の仮説を立ててみた【7.32b】

Dota2データサイエンス

はじめに

最近,Dota2を始めましたが全く勝てません
ハードボットにボコボコにされます.

色々と調べても「死ぬな」くらいのことしか分らず苦戦しています.

データサイエンスでDota2強くなるかも説

そこで,データサイエンスの力を借りて,どのような状況なら勝っているか?や前回に比べてどのように振舞ったから勝てたのか?ということを数値化して分析していけば強くなるのでは!と考えました.本企画はその仮説を検証していく企画です.

画像のキャプション

前回までのあらすじ

環境構築編

Dota2の情報をPythonで取得できるような環境を作成し*1,データを取得+定期的に保存する機構を作りました*2

データ解析編

実際にBotとの対戦をプロットしてみて客観的に解析してみたところ*3,ミディアムボットとの対戦をしてもハードボットとの対戦ではそこまで効果がない可能性が発見されました*4

一方,ハードボットとの対戦を解析してみた結果,勝利している方が敗北している試合よりもレベル,ゴールドを多く稼いでいると思っていたのですが,その仮説とは相反した結果が得られ味方の振る舞いの影響が大きく,自分の行動は勝利に直結していないという悲しい結果になりました*5

そこで,原点に立ち返って,環境データを考慮して解析をしてみようと思いました.まずは環境データを含むデータの取得機構を検討&実装し*6,簡易的に描画してみました*7

鉄則の検証

今まで解析してきたデータと経験から,初心者ながら考えた鉄則でハードボット*8とニュープレイヤーズモード*9で快勝することができました.しかし,ノーマルマッチでは惨敗してしまいました*10

ノーマルマッチとハードボットの分析編

ハードボットやニュープレイヤーズモードでは機能した鉄則がなぜ,ノーマルマッチではうまくいかなかったのかを,ノーマルマッチでボコボコにされた経験*11とプロの試合から分析してみました*12

今回の内容

自身の経験とプロの試合を分析した結果を踏まえて,今後どのようなことをすればノーマルマッチで勝てるのかについて仮説をたてていきたいと思います.

勝つための必要条件の仮説

鉄則

今回提案する必要条件について,以前紹介した鉄則の要素が組み込まれていると思うので,改めて鉄則を記載しておく.

データサイエンスでDota2強くなるかも説(9)ハードボットをボコボコにした鉄則5選【7.32b】
今回は,今まで培ってきたデータを元に鉄則を考えてハードボットとの宿命の戦いをしていきたいと思います.

基本原則
相手にゴールドと経験値を与えずに,自分はゴールドと経験値を得る

1.攻撃を1発当てたらすぐに離脱
2.少しでも体力が減ったら直ぐに回復
3.戦線に張り付く
4.遠くから攻撃する
5.複数の敵を攻撃する

基本原則に則りこちらの5項目を提案しました.

ハードボットとノーマルマッチの相違点

そこでこの鉄則に,前回紹介したなぜノーマルマッチで勝てないのか?の内容を踏襲していきます.

データサイエンスでDota2強くなるかも説(13)ノーマルマッチとハードボットとの違いを分析してみた~プロの試合を観戦編~【7.32b】
ハードボットやニュープレイヤーズモードでは機能した鉄則がなぜ,ノーマルマッチではうまくいかなかったのかをプロの試合を観戦して分析してみたいと思います.

以下の表がハードボットとノーマルマッチの相違点です.これらについても必要条件に新たに組み込むことにしようと思います.

その後の経験

さらに,ノーマルマッチで惨敗してからハードボットと戦ったいたところ,どうしても苦手なヒーローが居ることがわかりました.

こいつが苦手なヒーロー「Pudge」です.

file

私はこいつを使っており,ハードボット連戦連勝していました.

file

いつも通りにミッドレーンで戦っていたところ,Pudgeのフックからスタンさせられ,通常攻撃をくらいKillされました.
その後,何回もトライしたところ,特に突破口はなく苦戦させれました.

この例のように,テクニックという要因だけでなく,苦手なヒーローも存在するということが分かりました.

それもそのはずで,各ヒーローが持っている個性は全部異なっており,それによりヒーロー同士の相性が存在します.

この経験から,強いヒーローの情報を予め知っておけば,近くに来た時に警戒できるなと思いました.また,各ヒーローの得意とする範囲が分かれば,その情報を手掛かりに戦線での戦いの手がかかりなります.

以上のことから,ノーマルマッチのようなシビアの世界では,相手のヒーローのスキルや攻撃範囲,スキルを使った勝パターンなどを知ることも必要だと思います.

まとめ

上記の3項目をまとめた表がこちらです.

鉄則に関してはハードボットとの闘いにて既に獲得できている技能とみなします.

そこで,今後は,この表すべてにチェックが付けれるように練習していきたいと思います.

おわりに

今回は,過去数回にて紹介した鉄則やノーマルマッチとハードボットとの違いを中心にノーマルマッチで勝つための必要条件の仮説を立ててみた.
今後は,この仮説を実現するための練習に励んでいく.

参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました