~魔法使いへの道~座学編(3)メモリの種類編

魔法使いへの道

はじめに

今後の世界で生き残るために魔法使いを目指して頑張るエンジニアの日記です.

~魔法使い(ウィザード級ハッカー)への道~初心者エンジニアの積み上げ日記
ハッカーの中でも特に優れた上級ハッカーのことをウィザード級ハッカーと言われています.これは魔法使いの意味でコンピュータを自在に操る者とのことでこの名前が付けられています.そこで本企画は初心者が魔法使いになるまでの道のりを綴っていこうと思います.

メモリの種類編

問題 

SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか.

選択肢

ア:主にキャッシュメモリとして使用される.
イ:データを保持するためのリフレッシュ又はアクセス動作が不要である.
ウ:メモリセル構成が単純なので,ビット当たりの単価が安くなる.
エ:メモリセルにフリップフロップを用いてデータを保存する.

令和2年度秋期午前I問7

解答

問題文の解説

RAMとは

そもそも,『RAM』とは『Random Access Memoryランダムアクセスメモリ』の略称です.コンピューターの5大装置に当てはめると『記憶装置(主記憶装置)』に位置します

RAMの種類

このRAMには『DRAM』と『SRAM』の2種類に大別され,前者はいわゆるメモリに搭載されています.

後者はCPUに使われています.

DRAMとSRAMの違い

DRAM(Dynamic RAM)とSRAM(Static RAM)の大きな違いはリフレッシュが必要かどうかです.

リフレッシュとは,情報を保持するために定期的に情報を読み出し再度書き込む動作で,データを電荷として蓄積しているDRAMでは必要な動作になります.

一方SRAMはフリップフロップ回路(1ビットの情報を一時的に保持できる回路)での電流の流れ方でデータを保持しているため,リフレッシュの必要はありません.

選択肢の解説

ア:キャッシュメモリ

キャッシュメモリとは,マイクロプロセッサ(MPU/CPU)内部に設けられた高速な記憶装置

と記載されていて,SRAMのことです.

イ:リフレッシュ

DRAMは情報を保持するために定期的に情報を読み出し再度書き込む動作(リフレッシュ)が必要です.

ウ:メモリセルの単純さ

DRAMのセル構造は

file

SRAMよりも単純になっていますので,安価で制作することができます.

file

エ:フリップフロップ

SRAMはフリップフロップ回路での電流の流れ方でデータを保持しています.

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました