~魔法使い(ウィザード級ハッカー)への道~初心者エンジニアの積み上げ日記

魔法使いへの道

はじめに

セキュリティエンジニアの必要性

近年,組織の情報システムにおけるモバイル機器やクラウドサービスなどの普及によって,情報セキュリティ(Information Security)の重要性が改めて高まっている.総務省のセキュリティリスク発生率のデータを見6割近くあり,その重要性は示されている.

そのため,セキュリティエンジニアはひと昔前のデータサイエンティストのように花形になると考えられる.しかし,セキュリティエンジニアは幅広い知識が求められ道のりは長いが,今後の不安定な世界情勢でも生き残れるのがセキュリティエンジニアだと信じ初心者ながら知識を積み上げていく.

積み上げプラン

知識を積み上げる際に実践形式のHTBと座学中心の情報処理安全確保支援士(旧セキュリティスペシャリスト)の勉強の2正面作成で進めていこうと考えている.これは,座学だけでは飽きてくるため実践形式のHTBを組み込んでいる.しかし,実践形式のHTBだけでは知識が偏ってしまう可能があるため,座学も同時に行う.

魔法使いへの道

ハッカーの中でも特に優れた上級ハッカーのことをウィザード級ハッカーと言われています.これは魔法使いの意味でコンピュータを自在に操る者とのことでこの名前が付けられています.そこで本企画は初心者が魔法使いになるまでの道のりを綴っていこうと思います.

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は、サイバーセキュリティ分野の日本国の国家資格。有資格者は情報処理安全確保支援士の名称を使用して、政府機関や企業等における情報セキュリティ確保支援を業とする。

情報セキュリティ関係の資格は国内・国外でいくつか存在するが,今回は国家資格である「情報処理安全確保支援士」を使って座学の勉強を行っていく.

Hack the box(HTB)

「Hack The Box」はペネトレーションテスト(ハッキング)のスキル向上に役立つオンラインプラットフォームです.このプラットフォーム上には、ラボと呼ぶクラウドの検証環境があります。これらのラボにハッキングを仕掛けることによってハッキングを学ぶことができます.

hack the box ~魔法使いへの道~ (その1) Kali OSのセットアップ
Kali OSのセットアップをしていきます.

おわりに

今後の世界で生き残るために魔法使いを目指して頑張ります.

コメント

タイトルとURLをコピーしました